ゲーミングPCの選び方入門【CPU編】

この記事の所要時間: 322

以前、「ゲーミングPCの選び方入門」という記事を書かせていただきました

【2018年保存版】ゲーミングPCの選び方入門

2017.10.05

それの内容をパーツ別に分けて、もう少し細かく見ていこうかと思います

今回はCPU編です

入門ですので細かい話は省きますが、PC初心者にも分かりやすい説明を心がけます

分からないところがあれば、気軽にコメントやTwitterで聞いてもらえるとありがたいです

それではさっそくやっていきましょう(´・ω・`)

ゲーミングPCの選び方入門【CPU編】

まず、CPUとはなんぞや?という方向けにちょっと説明を入れておきます

CPUとは人間でいうと「脳」にあたるパーツです

コンピュータの演算処理だったり、中核的な役割を担っています

グラボなどと違って、パソコンには必須のパーツです

主なメーカー

CPUの主なメーカーには「Intel」と「AMD」があります

「Intel」のCPUの方がシェアは高いです

Intel」のCPUの代表的なモデルは「Core iファミリー」と呼ばれるものです

ゲーミングPCのCPUを見てみると「Core i7-6700K」だったり、「Core i7 7700K」だったりと書かれていませんか?

この「Core i(3か5か7か9)-(数字)」というものが「Core iファミリー」になります

「i」の後ろにある数字が大きいほど基本的な性能は高いです

後ろの数字はちょっとややこしいのですが、4桁で構成されていて、最初の1桁がCPUの世代を表し、後ろの3桁の数字が大きいほど後発のCPUということになります

感覚としては数字が大きければ性能がいいと思っていて大丈夫です(今回は入門なので)

ゲーミングPCとして使用するなら「i7」が良いと言われていますが、「ゲームが出来る」という観点に絞って言えばi3」や「i5」でも大丈夫です

BTOのゲーミングPCだと、大体が「i7」で構成されているので、BTOパソコンを買うなら気にしなくていい部分でもあります

AMD」の代表的なモデルは「Ryzen」シリーズです

まだまだ数は少ないですが「Ryzen 7」や「Ryzen 5」というものがCPU欄に書かれているゲーミングPCもあります

例えばドスパラの「GALLERIA AF」というモデルは「Ryzen 7 1700」というCPUを搭載しています

GALLERIA AF

Ryzen」シリーズは同価格帯の「Core iファミリー」に比べて性能が高いのでコスパが良いです

ただし、ゲーミング用途だと「Intel」のCPUに遅れを取ってしまうかな、といった感じです

ベンチマークスコアを見ると、「Ryzen」シリーズは本領を発揮できていないことが伺えます

なので、ゲーミングPCを選ぶなら「Intel」のCPUにしておけば間違いはないと思っています

IntelのCPUを搭載したおすすめゲーミングPC

「Intel」のCPUを搭載したおすすめのゲーミングPCは「GALLERIA XF」です

性能はハイスペックで、その割には価格が安くコスパ◎なゲーミングPCになっています

GALLERIA XF

詳しくは「【2018年版】スペック別・最新ゲーミングPCおすすめランキング」という記事で紹介しています

まとめ

いかがだったでしょうか

ざっとでしたがCPUについて書かせていただきました

入門ということで省いた部分もありますので、気になった人は調べていただければと思います

やっぱりよく分からないという人は、BTOパソコンを買うのをオススメします

BTOゲーミングパソコンなら、絶対にゲームが出来るように組んであるので、パソコンに詳しくなくても安心です