Windows環境でHHKB Pro2を使ってみる【実機レビュー】

この記事の所要時間: 517

どうも!

今回はキーボードの紹介をしていきたいと思います

今回紹介するキーボードは「Happy Hacking Keyboard Professional 2」、略して「HHKB Pro2」です

このキーボードは配列が独特で、慣れればとても便利なキーボードになっています

HHKBはMacなどで使われることが多いのですが、自分はWindows環境にて使っています

そこで、Windows環境でのおすすめの設定などを紹介していきます

それでは早速紹介していきましょう!

これまで使っていたキーボード

HHKBを使うまではRazerの「Blackwidow Chroma V2」というキーボードを使っていました

自分が使っていたのは緑軸でした

緑軸はRazer独自の軸になっており、一般的な軸で言えば青軸が近い感じです

打鍵感も良く、メカニカルキーにすっかりハマってしまうきっかけとなったキーボードです

やっぱりRazerのキーボードだけあって、クオリティは高かったです

HHKBを使うようになった理由

Razerのキーボードはある意味理想的な環境だったのですが、自分はそれを捨ててHHKB Pro2に乗り換えました

それにはいくつか理由があります

打鍵音の問題

緑軸の打鍵音は結構うるさいです

それなら静音タイプのメカニカルキーのものを買えよ!という話なんですが、打鍵音なんか気にしないぜ!って勢いで買ってしまって後で後悔することになりました

HHKB Pro2はHHKBシリーズの中では打鍵音がする方なのですが、それでも緑軸よりは静かで使いやすいです

なんというか「コトコトコト……」といったような打鍵音で、むしろタイピングしていて楽しい気持ちになります(買ったばかりというのもあるでしょうが)

HHKBならではのコンパクトさ・キー配列

HHKBはとてもコンパクトです

Razerのものはフルキーボードで、矢印キーやテンキーなどが付いているのですが、HHKBはそれらを省いているので、とても省スペースです

Razerのキーボードは結構場所を取っていたので、HHKBのコンパクトさは自分にとって結構メリットになっています

 

そして、キーの数を省いている分、HHKBは独特のキー配列になっています

同時押しを駆使することで、キーの少なさをカバーする形になっています

キーの一部は背面のスイッチで切り替えて使うことが出来ます

このキー配列は正直言って慣れです

慣れるまではちょっと使いづらいと感じるかもしれませんが、慣れてからは結構スムーズに操作することが出来ます

無刻印かっこいい!!!

自分がHHKBを買った理由の大半はコンパクトさとこれです

無刻印というのはその名の通り、「A」だとか「Q」といったキーの刻印がないということです

こんな感じでキーに何も書いてありません

無刻印版を欲しくなる人というのは、たいていかっこよさだとかスタイリッシュな感じに惹かれているのだと思います

自分も無刻印の醸し出す魅力にとりつかれた一人です

慣れるまでは結構辛いです、なにせ無刻印ですから

自分はタッチタイピングが出来ないのですが、それでも慣れるとそこまでミスをすることなくタイピングすることが出来ます

正確にタイピングをしたい人は普通に刻印モデルを買うのをおすすめします

Windows使いの自分がしている設定

先ほども書いたように、自分はHHKBをWindowsにて使っています

Windowsで利用するにはちょっとした設定をしておくといいっぽいです

自分は背面スイッチの1,3,4,6をオンにしています

こうすることで、

  • Lite拡張モードON(Windowsで使いやすくなるみたいです)
  • DeleteキーがBS(BackSpace)キーになる
  • 左◇キーがFnキーになる
  • スリープモードでも入力を受け付けるようになる

といった具合になります

特にDeleteキーをバックスペースキーにしておくと、自分の環境では恩恵がでかいです

また、最初の頃は少しキー配列と実際に入力して出てくる文字が違っていたので公式の「HHKBキー配列切替ツール」というものを使いました

これを使ったらちゃんとホームページに記載してあるキー配列どおりに文字入力を行うことが出来るようになりました

一応同じ症状が出た人のためにリンクを貼っておきます(こちら)

HHKB Pro2 のまとめ

HHKB、使ってみると結構いい感じのキーボードだと思います

ただお値段がちょっと張るので、買っても後悔しないメンタルを持っておくことが大事かなと思います

自分としては大満足の品なので周囲に布教していきたい所存です

それでは今回はこのあたりで!